須藤凜々花さんみたいな爆弾発言アイドルになる方法

須藤凜々花さんみたいな爆弾発言アイドルになる方法




新メンバー募集!!アイドル教室

アイドルになる方法はどんなものがあるでしょうか?
アイドルになるには、次の方法があるといわれています。

・芸能事務所に所属する
・スカウトを待つ
・オーディションやプロダクションのコンテストを受ける
・アイドル専門学校に通う

では、それらの情報はどこから集められるのでしょうか。
まずは、メディアが上げられますよね。
テレビなんかを見てると、よくコンテストやオーディションの告知をしています。
着物の女王とか、イメージキャラクターなんてのもそうかもしれません。

また、番組を通じての告知もありますよね。
テレビ局が主催するタレントオーディションや、
音楽グループが新人を募集なんてのもそうだと思います。

それから、ラジオ。
こちらも、ラジオ局主催のタレントオーディションや、
タレントさんが出演されてオーディションの告知をしていたりします。

それから、雑誌や本。
雑誌だったら、モデル雑誌や、週刊誌、オーディション専門雑誌などもあります。
専門的に情報を集めるなら、やはりこのオーディション専門雑誌は、
かなり使えるんじゃないかと思います。




【モデルオーディション開催中】

これらは、自分が応募するアイドルへの道となります。

自分から行動するタイプとして、タレント事務所に所属してみるという方法があります。
タレント事務所の募集要項や基準は、それぞれの事務所によりますので、もし可能ならば、
インターネットで、アイドルを募集しているタレント事務所を探してみるのがいいと思います。
出来なければ、先ほどのオーディション専門誌や、モデル雑誌を見てみるといいと思います。

自分で待ちながら、受け身になるという方法もあります。

それが、スカウトです。
これは、スカウトマンのいるところに、自分から出かけていく必要があります。
そのためには、どこにスカウトマンが現れるのか知らなければなりませんね。

どこにスカウトマンが現れるのかは、
スカウトから芸能界入りした人のコメントを参考にすることができます。
「原宿でスカウトされました。」なんていう情報が手掛かりになりますね。

オーディション、スカウトといった直接的な方法ではなく、
養成所に通うというのも、ひとつの方法です。
有名なスタジオなら、芸能界とつながりもすでにあることだし、
夢に向かって輝いているあなたなら、ここから推薦ということもあるかもしれません。

そういったことがないとしても、表現者として教育を受け、成長するのは事実です。
直接、アイドルとはいかなくても、関係するお仕事から、
アイドルへの道が開けるかもしれません。

アルバイトや声優、モデル、役者、地元アイドルから、
アイドルになった方々もいらっしゃいます。
また、輝くあなたなら、まわりの人が何とか世に出したいと力を貸してくれるかもしれません。

近所のおじさんが、お母さんが、先生が、アイドルへの道へ導いてくれた。
なんていう人もいます。




ファッション好きな人大募集★モデルオーディション!!

自分を磨くことはとても大切ですね。

それから、インターネットを使うというのも、これからはありかもしれません。
まだ、インターネットからアイドルの誕生はありませんが、
インターネットで人気になった結果、アイドルになったという人も出てくるでしょう。

インターネットというのは、特殊な環境なのか、
いまだ生身のアイドルというのは出てきていません。
出てきていても、いわゆる、テレビで大々的に活躍するアイドルはいませんね。

テレビで活躍するアイドルが、インターネットで活躍するということはありますが。
自分のことをインターネットで紹介していれば、
ファンの方がアイドル入りを手助けしてくれるかもしれません。

また、スカウトなどもあるかもしれませんね。
これからのアイドルの出現方法になるかもしれません。
いずれにせよ、アイドルには必要なものがあります。

それは、人を引き付けるものです。

誤解を恐れずに言えば、容姿とかよりも、この人はどんな人なんだろうということが大切です。
逆に言えば、どんなに容姿が良くても、魅力がない人はアイドルは難しいと思います。
また、一般的にアイドルになるためには、年齢が重要なポイントになります。

アイドルというのは、イメージであり、マスコットのような存在であり、
ファンの人が自由に妄想できる対象でもあります。
あなたが頑張り続けていることが大切です。
輝いていることです。

元気がない、生気がない、そんな命を感じない人は、アイドルにはなれません。

命さえ感じられれば、架空のものでさえアイドルになれます。
2次元アイドルの熱狂ぶりは凄いですよね。
ファンの人に、本当に愛されています。

そう、愛されることこそが、アイドルの条件です。

そう考えれば、愛されるようになるために、
訓練を受けるのが養成所と言えるかも知れませんね。
わたしはどうなんだろう、と思う人は、オーディションを受けてしまえばいいと思います。
落ちても、大丈夫です。

これからなんですから。

ということで、愛される条件を満たしていれば、
アイドルのいる場所に出かけてみるというのもありだと思います。
劇場やコンサート、イベント等ですね。

そこにはファンがいるし、もちろんアイドル事務所の人もいます。
メディア関係者や、業界の人もいるかもしれません。
そういう人が、愛される条件を持つあなたを見つけてしまう場合があります。
これも、スカウトですね。

アイドルになるために、愛される努力をし、業界人がいるところへ出かける。
これがアイドルになるための方法かもしれません。
オーディションもそうです。
つまり、アイドルになりたい、だけでは、なれないということです。

ただし、神様はいます。

とんでもないところからアイドルになる人も世界にはいるんですね。
例えば、事故現場でたまたまテレビに映ってしまってスカウトとか、
たまたま街をあるいていたらスカウトとか。
そんな人が、世の中にはいます。

ですが、その人がアイドルになったのは、
やはりその人がアイドルになりたいと思ったからです。
でなければ、芸能界事務所からのスカウトは断るでしょう。

まあ、スカウトという名の怪しい集団もいるので、信じられなくて断る人もいるでしょうが。




オーディション応募はこちら

やはり、アイドルになりたいという気持ちが、あなたにあるのかが、
あなたがアイドルになるか、ならないかの分かれ道だと思います。

あなたが、アイドルになってどうしたいのかはわかりません。
世界中に愛されたいのか。
爆弾を落としたいのか。

それでも、まずはアイドルになってからです。
愛される努力をし、アイドルになりたいという気持ちを持ち続けてください。

あなたの気持ちが、世界を変えます。

無理なことはありません。
これまでにないアイドルが誕生してもいいのです。

時代は、常に変わっているのですから。

どんなアイドルがこれから出てくるのか。
それは、どんな人を愛すのかという時代によって変わります。
未来は、これから作られます。
だから、どんな人がアイドルになってもおかしくないですよね。

これは、過去も同じことです。
これからは、自己表現ができる人がアイドルになってくるかもしれません。
過去で言えば、アイドルというのは事務所に所属し、テレビなどに笑顔で出演してれば、
好きになってくれるファンが集まる、といった感じでした。

それで、愛される対象だったのです。
だから、その後の人生で、ひどいことが起きるとファンは裏切られた気がして怒りました。
今現在のアイドルは、笑っているだけでは埋もれてしまいます。
それでも、生まれ持った飛び切りの笑顔を持っていれば良いかも知れません。

しかしながら、とびぬけたアイドルというのが現在はいません。
アイドルが多すぎる、しかも、傾向が似ている。

そこで、度肝を抜いたのが、生放送で結婚宣言をしたアイドルです。
日本中の目が集まりました。
飛びぬけました。

アイドルには彼氏がいない。
そんな、暗黙のルールを、結婚しますという形でぶち破ったんです。




【芸能プロダクション】

学校で言えば、手の付けられないような不良学生なんです。

賛否両論の意見が出て、ますます、注目されました。
面白いのは、アイドルに対する注目ではなく、発言した本人に対する注目です。
彼女は愛されました。
そして、ファンの気持ちを裏切りました。

ですが、新しいファンも生みました。
きっと、大量に生みました。
今の時代は、自分の意見を言える人が愛されるのかもしれません。
それも、まっすぐな意見を持ってです。

これは、つついても反応がない、底なし沼のような政治問題にもつながるかもしれません。
都合よく自分の意見を変える大人に対して、自分のまっすぐな意見を発した彼女。

これには、驚きと同時に、笑みがこぼれたことも事実でした。
そして、やっぱりなと思いました。

もう嘘つくのは、やめようよ、みんな。と思いました。
わたしは、彼女が好きになりました。
アイドルが誕生してからこの部分は、愛され要素として変わっていません。

真っ直ぐであること。

時代はどう変わるかわかりませんが、真っ直ぐであることは間違いなく現在の愛され要素です。
だから、バカを見るかもしれないけど、真っ直ぐいましょう。
それが、アイドルの要素です。

須藤凜々花さんは、今、間違いなく輝いているアイドルです。




40歳以上の新人を対象とした「エイジレス部」

質問などありましたら、こちらからご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする